分け方の候補が出来たら、相続税がどうなりそうか試算してみましょう。
 このときは、税理士に依頼するのが無難です。特例を使えるかなど、専門的な判断が必要になります。分け方によって税額がどれくらい変わるのかも合わせてシミュレーションしてみてください。


関連ページ

ご予約はお電話でもメールでもお受けしております。