紛争化してしまったときは、早めに弁護士に相談してください。
 当事者だけで話し合ってもよいのですが、その場合も、法律的にはどうなのかを、専門家に確認することは大変有益です。 当事者だけでは思いつかなかった解決策を提案してもらえることもあります。(逆に、なぜ解決が難しいのかを再確認するだけのこともあるでしょうが、それはそれで、ではどうするかという次の一歩に繋がります。)
 結果的には、早めの調停申立てが吉であることが多いことも、申し上げておきます。


関連ページ

ご予約はお電話でもメールでもお受けしております。