1.事前の準備

 事前の準備はしていただいた方が良いです。
 効率よく相談できるので、相談者様の聞きたいことに漏れなくお答えできるようになります。
 (もちろん「なければダメ」というわけではありませんので、悪しからず。)

 具体的には「時系列メモ」と「登場人物メモ」をご用意いただくと、かなり役立ちます。
 簡単なもので結構です。相談する前の整理にもなります。

2.持ち物

 お持ちいただきたいものは「関係しそうな資料全て」です。
 何が重要な資料かの判断は、弁護士に任せた方がよいです。
 「こんな紙切れが証拠になるとは思いませんでした」ということも、少なくありません。
 「論より証拠」。お持ちになるのは大変かもしれませんが、証拠を見なければ判断できないということも多いので、とにかくお持ちいただければと思います。
 あとは、ご本人様確認書類を拝見させていただくことがあります。認印があると契約時にスムーズです。

3.服装

 服装を気にされる方もいらっしゃいますが、本当に、何でも構いませんので、全くお気になさらなくて大丈夫です。

4.呼び方

 呼ばないと怒る「先生」もいらっしゃいます。
 個人的にはあまり好きではないので、「日向寺さん」とお呼びください。

◯まとめ◯

 ・時系列と登場人物をメモにまとめておくとよい。
 ・持ち物は関係資料全部。
 ・本人確認書類と認印があるとなおよい。
 ・服装も呼称も気にしなくてよい。

ご予約はお電話でもメールでもお受けしております。