6.費用はいくら?時間は?

2018年8月8日更新

 法律相談の費用は、次のとおりです。

【通常相談】
 初回   :無料(1時間30分まで)※初めて上野支店をご利用いただく場合
 個人の方 :10,000円/1時間 (税別)
 事業者の方:20,000円/1時間 (税別)

【休日相談】
 初回   :10,000円/1時間 (税別) 
 個人の方 :20,000円/1時間 (税別)
 事業者の方:30,000円/1時間 (税別)

 初回相談の場合は、1時間30分のお時間をお取りいただけます。
 その他の場合は、1時間の場合が多いです。ただ、事案やご要望に応じて、調整いたします。

 何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

7.秘密は守ってもらえるの?

更新

 秘密は厳守します。
 弁護士は、相談者様に対して、守秘義務を負っており、これに違反した場合は懲戒の対象となります。
 私は、相談内容はもちろん、相談を受けたこと自体、誰にも明かしません。
 事務所としても、プライバシーポリシーに則って、厳重な管理を行っておりますので、ご安心ください。

◯まとめ◯

 秘密は守ります。必ずです。

8.事前の準備は必要?持ち物は?服装は?「先生」って呼ばないと怒られる?

更新

1.事前の準備

 事前の準備はしていただいた方が良いです。
 効率よく相談できるので、相談者様の聞きたいことに漏れなくお答えできるようになります。
 (もちろん「なければダメ」というわけではありませんので、悪しからず。)

 具体的には「時系列メモ」と「登場人物メモ」をご用意いただくと、かなり役立ちます。
 簡単なもので結構です。相談する前の整理にもなります。

2.持ち物

 お持ちいただきたいものは「関係しそうな資料全て」です。
 何が重要な資料かの判断は、弁護士に任せた方がよいです。
 「こんな紙切れが証拠になるとは思いませんでした」ということも、少なくありません。
 「論より証拠」。お持ちになるのは大変かもしれませんが、証拠を見なければ判断できないということも多いので、とにかくお持ちいただければと思います。
 あとは、ご本人様確認書類を拝見させていただくことがあります。認印があると契約時にスムーズです。

3.服装

 服装を気にされる方もいらっしゃいますが、本当に、何でも構いませんので、全くお気になさらなくて大丈夫です。

4.呼び方

 呼ばないと怒る「先生」もいらっしゃいます。
 個人的にはあまり好きではないので、「日向寺さん」とお呼びください。

◯まとめ◯

 ・時系列と登場人物をメモにまとめておくとよい。
 ・持ち物は関係資料全部。
 ・本人確認書類と認印があるとなおよい。
 ・服装も呼称も気にしなくてよい。

9.やっぱり相談したら依頼しないといけないの?

更新

 相談したら依頼しないと弁護士の機嫌を損ねるんじゃないか…。などと気になさる方もいらっしゃいます。
 ですが、

そんなことはありません。

 相談時にご決断いただくこともありますが、そうでない場合の方が多いです。
 じっくり考えて、必要であれば他の弁護士とも比べるなどして、納得していただいたうえでご依頼いただくのが一番だから、というのがその理由です。
 きちんとお選びいただきたい、選んでいただいた方に精一杯尽くさせていただきたい。これが本音です。

◯まとめ◯

 相談したからといって依頼しなくてもいい!

ブログ開設のお知らせ

2018年8月7日更新

 初めまして。弁護士の日向寺(ひゅうがじ)です。

 当事務所上野支店ウェブサイトの新コンテンツとして、ブログを開設しました。

・これまで培ってきた弁護士としての経験・知識を、「ライター任せ」ではない形で、わかりやすく提供したい
・事務所・弁護士を探している方のために、ウェブサイトだけではない形で情報を提供したい
・お悩みのある方へ、気軽に弁護士に相談していただくキッカケを作りたい
…etc
 そういった私の思いを形にした(していく)ものです。

 そのため、いわゆる日記のような記事は書きません。
 有益な、読むに足るものを投稿できるよう努めていきます。

 なお、本ブログ記事は、弁護士日向寺司個人の文責によるものです。同弁護士の所属する弁護士法人や弁護士会等の団体の意見等とは全く関係がありません。

JAPAN行政書士事務所との業務提携

更新

 当支店(弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所上野支店)は、JAPAN行政書士事務所(代表 行政書士小山翔太)と業務提携を致しましたので、ご報告致します。

 JAPAN行政書士事務所は、入国管理局への在留資格申請や外国人雇用コンサルティングを中心とした業務を取り扱う行政書士事務所です。
 この提携により、JAPAN行政書士事務所は、当支店のオフィスの一画に併存する形となり、緊密な連携が可能になりました。

 当支店代表の日向寺と代表の小山行政書士とは旧知の間柄ですが、本邦における在留外国人の方へのリーガルサービスは十分な水準に達していないのではないかという共通の問題意識を持ちつつ、弁護士と行政書士という異なる立場から互いの長所を活かし合うことで、他にない高品質のリーガルサービスを提供できるものと考えております。

 皆様から変わらずご評価頂けるよう、小山共々邁進して参りますので、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

ご予約はお電話でもメールでもお受けしております。